山の神様

人が生きていく上で限りのないもの、それは悩みです。
あなたも今まで生きてきて何も悩みを持たなかった時はないはずです。

友人・知人・彼氏・彼女との付き合い方、はたまた人生どう生きるか!
個人的なもの・社会的なもの・トラブルの解決法、頭を悩ませていたら
きりがありません。

たいていの悩みごとは人に相談しぬくい事なので辛いのです。

奈良の山奥の神社へ行った時のことです。
大阪から2時間くらいですか、駐車場に辿り着くまで時間がかかりました。

そこからもかなり歩きます。
面白いことに小さな鳥居をくぐってからは、いきなり空気が変わります。入口の大きな鳥居の前では峠の霧が下から湧き上がってきます。神殿の前で手を合わそうとすると神主さんが祝詞をあげ始めます。
気分があがり、このまま天にものぼりそうな、なんともいえない心地よさです。
(たまたまそういう時間帯に訪れたのでしょうがなんか出来すぎのようです!)

それから、出雲の神様をお祀りしている所があったので手を合わせ目を閉じるとみえたのは、お坊さん・神主さんそしてかみしもを身に着けた侍が数人中で手を合わせていました。

(私は、目を閉じた時しか見えません)

不思議に思って神主さんに聞くと、こちらに出雲の神様を祀った時のようすでした。「おかしなことを聞くな」という感じでした。
こちらの社務所ではお祓いをしていました。

祓われて浮遊するものが近づくと頭が痛くなりその場から逃げました。
これは不思議と鳥居をくぐるとなくなりました。
祓われたものの処理もお願いしたいものです。
(私には、どうすればいいかわかりませんが!)

朝は眠いのに夜はなかなか眠れない・・・。これって睡眠障害?

友人の体験談を載せておきます

最近、相談に乗った友人の体験談をのせておきます。

最近眠れなくて困っているとのこと

数年前までは睡眠について悩む事なんてなかったはずなのに、ここ数年は夜になると目がさえてなかなか眠れなかったりする。

日中、体をあまり動かしていなかったから眠れないのかとも思ったりして、日中はウォーキングに出掛けたりウィンドーショッピングに出かけたりと、とにかく少しでも体を動かすようにも努力してみたけど、やっぱりなかなか眠れない。

これって不眠症なの?それとも睡眠障害って言われるものなの?とか悩んだりもしたけど、考え出すときりがないので、少しでも寝付きを良くするために何か工夫を・・・。

不眠症対策として行ったこと

と、考える日々。ホットミルクが良いと聞けば、寝る前にホットミルクを飲んでみたり、昼以降はコーヒーを飲まない方が良いと聞けば、コーヒーは午前中に1~2杯だけしか飲まないようにもしたりして。

もちろん健康と睡眠はイコールでつながるのかもしれない。と思ったこともあり、栄養バランスの整った食事をとるようにも心がけてみた。

でもやっぱりなかなか眠れない・・・。ある日ふと友達に言われた言葉にちょっと納得したのだが、「年を重ねると睡眠時間は短くなるみたいよ」との言葉にちょっと納得した自分がいたりして。確かに若いころと同じぐらいの運動量は無いわけだし、年と共に睡眠時間が短くなってきても不思議じゃないような気もしてきた。そう考えると、不眠症だの睡眠障害だのあれこれ考えるよりも、ゆったりとベッドで横になっている方が安眠できるんだろうなぁ。

アドバイスしたこと

私自身は専門家ではないので簡単なアドバイスと

ダメだったら心療科か精神科に行こうということを伝えただけです。

それで、アドバイスとしては3か月ぐらいの期間で今までやってきたことを毎日続けてさらに休息サプリ(今回勧めたのはマインドガードDX)を飲んでみては?

ということでした。

睡眠薬に頼る前に生活習慣をできるだけ改善してサプリメントなどで栄養を整えるのは実体験から効果があると思ったので。

合わない人もいますが、悩む、悩まないよりもまずは効果のありそうなことから試すのが重要です。

私の不眠症の体験とその結果

不眠症になったのは

私が不眠症になったのは、社会人になり2年目くらいのときでした。

そのときの私は1人暮らしをしていて、仕事も忙しかったので仕事から帰った後も仕事をしたりしてとても不規則な生活をしていました。

そして、仕事でかなりストレスがたまっていましたので睡眠不足になっていました。

眠れない日々

また、なかなか熟睡することもできませんので夜中に何回も目が覚めたり、朝起きても頭と体が重く、スッキリと目覚めることができませんでした。

仕事のストレスも・・・

なので、仕事でミスをすることが増えていきましたので、どうにか対策をしないとやばいと思うようになりました。

目を閉じてもなかなか眠りにつくことができなくなりましたので、毎日夜が来るのが嫌でたまりませんでした。

仕事で疲れているので眠りたいのに眠れないという状況でますますストレスがたまっていきました。

なので、最初は薬を飲むことを考えたのですが、薬に頼りますと自力で眠れなくなる気がしましたので、薬を飲むことはやめました。

自分で治すには

私は寝る前にマッサージをするようにしました。

きちんと体が温まった状態でマッサージをするようにしていましたので、とてもリフレッシュできましたし、その間は仕事のことも考えませんので安眠できるようになり、健康体にもなりました。

食生活も気にかけています

グッドナイト27000などの休息サプリを複数飲み続けています。

また、ここ数年健康のためにずっと続けてるのがヨーグルトを食べることです。
35歳ぐらいから中年太りをし、一時期は体重85kgまでなりました。私の身長177cmからすると肥満体型になります。
そこでダイエットと健康のために食事量を減らすようにしたんですが、この頃から便秘に苦しむようになりました。
今まではガツガツ食べてたので食後すぐにトイレに行きたくなってたんですが、食事量を減らすとこのようにはいきません。
便秘になると私は切れ痔が再発してしまうので、これはなんとかせねばと腸内環境改善のためにヨーグルトを食べるようになったんです。
近所のスーパーに売ってるヨーグルトはほとんど一通り食べました。
その中で気にいったのがグリコのビフィックスの大容量タイプです。
量が少ないと胃酸で乳酸菌が死滅してしまうので、ある程度まとめて食べるのが効果的だとテレビで見ました。
そこで大容量タイプのものを食べた結果、ビフィックスは甘くて美味しいんです。
大容量タイプを食べたことがある人ならわかると思うんですが、このサイズのものって味がついてないものがほとんどなんです。
小さいサイズのものは子供向けに美味しく作られてるんですが、このサイズは大人向けというか味がしないので食べにくい、早い話が美味しくないのが多いんです。
薬と思って食べるとなっても、これを毎日、しかもそれなりの量を食べるとなると苦行です。
そんな時美味しく食べれるビフィックスを見つけたので、おおハマリしました。
美味しいので1つ丸々全部食べてしまうようになりましたし、これだけ食べてると毎朝のトイレも快便なんです。腸内環境改善に大成功しました。

この辺りは人によって好みがあると思います、LG21乳酸菌配合のヨーグルトなら胃酸耐性があるので少量でも大丈夫ですし、乳脂肪分たっぷりの濃厚ヨーグルトが好きって方もいるので、あくまで参考程度に聞き流してください。

運動で健康を維持することについて

私が普段の生活で健康のために心がけていることは、運動することです。

やはり運動するとしないとでは肥満になりやすさが違うと思いますし、運動することで筋肉がつき、心肺能力もあがるので、病気をしにくい体になっているんじゃないかと思います。

運動を始めたのは25歳くらいからですが、運動をはじめてから食事に気を使うようになりましたし(きちんと食べないとお腹が減って、運動のパフォーマンスにも影響が出てきてしまうので)、便秘も改善され、風邪もひかなくなりました

。なによりストレス発散になっているのが一番大きいと思います。やはり今までの経験上、ストレスをためてしまうとどうしても体を崩しやすいので、運動することにより気分もサッパリすることも健康につながっていると感じます。

休息サプリメントを組み合わせて夜ぐっすり眠れるようにもなりますし。
グッドナイト27000はいつも飲んでいます。
20代のころはとにかくやせたかったのでちょっとハードなランニングを行っていたのですが、30歳を過ぎてからは、音楽を聴きながら楽しく行えるエアロビのスタジオレッスンに通っています。

とにかく楽しくて、スタジオには下は20代から上は70代まで、皆楽しく汗を流しています。お年を召した方が元気に頑張っているのを見ると、私もあんな風に元気なおばあちゃんになりたいなーと思います。

そのためには運動を続け、健康を維持していきたいです。

野菜を中心とした生活で減量

野菜をバランス良く摂取することを心掛けています。
そこまで細かく決めていませんが、なるべく1日のうちに緑黄色野菜を摂ろうと思っているのです。

お肉大好きで野菜は残すという最低な行為を繰り返していた私ですが、野菜と魚が嫌いだからとお肉ばかり食べていた知人がいきなりトマトジュースが飲みたいと言い出したことから意識が変わりました。

ラーメンが大好きで、ステーキ肉が大好きでサラダは大嫌いな人でした。
その人の顔がだんだん黒くなっていくなあと思っていたら、急に野菜ジュースを求めだしたので私は焦りました。

体が必要なものを本人が自然と求めるようになっていくと聞いていたので、ちかごろ野菜を求めだした私としては他人事ではないと思ったのです。
私はここのところラーメンばかり食べていたので、だんだん黒くなっていく彼は未来の私の姿のようでぞっとしました。

そして、病院に入院したりする前にできることはやっておこうと考えたのです。
最初に考え直したのは不摂生な食生活でした。

自主的に気をつけるようになったので食生活は大きく変わりました。
油っこいものやカロリーの高いものは食べないようにして、ほうれん草と小松菜とトマトを使ったサラダばかり食べるようになっていました。

野菜が意外とおいしいと感じ始めたので野菜中心の生活が苦ではなくなりましたし、今では外食もほとんどしなくなりました。
太り気味だったのがだいぶ痩せたので本当に野菜様々です。